ハクビシン駆除をしよう|外来生物に認定されていないハクビシン

作業員

農作物に被害を及ぼす動物

作業員

農作物などを食い荒らす害獣被害が増えています。農家の方は害獣対策に一苦労です。一昔前よりも被害が拡大していて、駆除業者も年々増えています。害獣の種類としては、イノシシやタヌキ、イタチやハクビシンが多く、農作物被害や家屋侵入の被害が数多く報告されています。たぬきやイタチ、イノシシは古くから日本に生息していましたが、ハクビシンはいつから日本にいる動物なのかはっきりしていません。アライグマのような外来生物は駆除の対象になりますが、ハクビシンはいつごろから日本にいるのかわからないので駆除の対象にならないということがあります。明治以降に日本に持ち込まれた生物でなければ外来生物と認められないことからです。ハクビシン駆除をしたくても、実害がないとハクビシン駆除ができないという現状になっています。一説によると江戸時代の漆器にハクビシンによく似た動物が描かれていることから、日本にもともといた動物なのではないかといわれています。ハクビシンはネコ科の動物ですばしっこい特徴があります。農作物を荒らしたり、民家に侵入したりします。発見した時は慌てずにハクビシン駆除に対応している業者を呼びましょう。下手に近づいたり刺激したりすると、怪我をしてしまう恐れがあります。ハクビシン駆除の業者に対策を任せるのが正しい選択です。また、普段から害獣被害に合わないように対策をしておくのも大事です。侵入経路を把握して道を断つのも良いでしょう。

異臭で気づくことができる

住宅

ハクビシンは異臭を放つ生き物です。異臭を感じたら、ハクビシンの生息を疑いましょう。自分で駆除すると鳥獣保護法違反になるので、ハクビシン駆除の専門業者に依頼しましょう。

View Detail

感染症やペット被害が出る

婦人

都会にハクビシンが出る理由は食べ物を求めているからです。家屋に侵入させてしまうと住処になってしまいます。ペットに被害が出たという報告もあるので、ハクビシン駆除は早めに行いましょう。

View Detail

迅速な対応をする業者選び

男性

ハクビシン駆除は放っておくと拡大していきます。迅速な対応をしてくれる業者選びを心がけましょう。業者によって駆除方法や対策に違いがあるので、被害の状況を伝えると良いです。

View Detail