ハクビシン駆除をしよう|外来生物に認定されていないハクビシン

男性

異臭で気づくことができる

住宅

ハクビシンという動物の生態を詳しく知ることで、駆除や対策に活かすことができるでしょう。ハクビシンは漢字だと白鼻芯と書きます。鼻に白い芯があるという漢字の通り、鼻から頭までの顔の中心を白い模様が通っています。夜行性ですばしっこいので、タヌキやアライグマに見間違われることが多いです。実際はジャコウネコ科の動物なので、タヌキなどとは全く違う種類の生き物です。ハクビシンは雑食で植物を好んで食べます。農家に被害が出るのは、野菜や果物が好きな動物だからといえます。ハクビシンは臭いことで有名な動物です。農家や家屋に現れたら、強烈な獣臭で気づくことができます。変な臭いがすると感じたらハクビシンの生息を疑った方が良いでしょう。ハクビシン駆除を専門にしている業者に確認させて、ハクビシン駆除をすると良いです。ハクビシンは個人での駆除が難しい動物です。特定外来種の認定を受けていないので、捕獲や駆除を申請無しで行なうと鳥獣保護法に違反することになります。ハクビシンを見つけた際や、被害になやんでいるのであれば、ハクビシン駆除を専門にしている業者を呼ぶことが対策への一番の近道です。個人でハクビシン駆除をする際は役所などに申請しなければいけません。申請が許可されるまで数週間かかってしまいます。その数週間の間に被害に遭ったら意味がないので、業者に依頼して迅速に駆除を行ないましょう。木登りが得意な動物なので、屋根裏などに住処を作ってしまう場合があります。異臭や物音がしたら生息も疑うと良いです。