ハクビシン駆除をしよう|外来生物に認定されていないハクビシン

男性

感染症やペット被害が出る

婦人

本来は山に生息しているハクビシンですが、都会の生活圏で目撃や被害が多発しています。理由は自然環境の減少し、生息する場所や食べ物が減ったことでしょう。いろいろな地域の都会化が進み、多くの野生動物が都会に現れるようになりました。都会には食料も多く暖かい冬を過ごすことができるからです。現在ではタヌキよりも目撃情報や被害が多くなったハクビシン。どのような被害があるのか知っておきましょう。もっとも多い被害が家屋の破壊です。木造の建物などを所有している方は特に気をつけましょう。壁やドアに穴を開け、家屋に侵入してくる被害が多いです。天井裏などに住みつき、騒音や糞尿の被害をもたらします。台所に置いてある食料の被害も多く、侵入を許してしまうと厄介です。ハクビシン駆除の業者に依頼をするとわかりますが、最初に侵入経路の特定をして道を断ちます。そうすることで今後の被害を最小限にするのです。ハクビシン駆除はとても苦労します。小型ですばしっこい動物なので捕獲するのが難しいからです。ハクビシン駆除業者はハクビシンの特徴や好みを把握しているので、簡単に捕まえてくれます。ハクビシンが家屋内にいると、異臭を放つほかにも様々な被害があります。ペットへの被害も報告されていますし、感染症の被害もあるようです。病気になってしまったり、飼っているペットに被害が出てしまったりする前にハクビシン駆除を依頼しましょう。決して凶暴な生物とはいえませんが、実害が出てからでは遅いです。